ksakmh’s blog

ksakmh’s blog

毎日が私らしく心穏やかな暮らし

【ノート術】ネガティブなことはノートに書かない方が良いのか?

【ノート術】ネガティブなことはノートに書かない方が良いのか?

 

 

 

 

 

ネガティブなことはノートに書いていますか?

 

 

 

 

 

私は書いています

 

 

 

書かない方が良いかなと悩んだこと

 

ノートに書くことでそのネガティブな感情が残ってしまう

その事実が残ってしまう

あえて向き合うのが面倒、辛い

見返した時、また思い出してしまうと感じるからです

 

 

 

f:id:ksakmh:20211118154811j:image

 

 

 

結論

 

書いた方がいい(吐き出した方がいい)

 

 

 

 

新たな問題(問題の本質)

 

問題は、それを残しておくほうが良いのか、残さないほうが良いのか

私の中で定まっていないことがわかりました

 

 

 

 

性格上、昔は今よりももっときっちりしておきたい派だったので、カタチをしっかり決めておきたかったのです😅

ノートは一元化したいからメインノートに書いた方が良いかな、別のノート作った方が良いかな、単なる紙に書いた方が良いかなとか、あれこれ考えていました💦

 

 

まぁ、あれこれ考えたり試したことで"私のカタチ"ができました

 

 

 

現状

 

ジャーナリング用のノートに書く(吐き出し用)

・デイリー使いのノートに書く(一番使っているメインのノートです)

 

 

 

自己対話として、毎日ではないですがジャーナリングやモーニングページをしています

慣れてくるととても楽しい時間です

 

 

 

使い分け

 

どう使い分けているかというと、

 

ジャーナリング(吐き出し)用ノートには、なんでも書くぞー!という時。ネガティブもポジティブも迷いも何でも来いの時。

→ まだ感情も事実も整理が全くできていない状態①

 

 

・毎日メインで使っているバレットジャーナル のデイリー用ノートには、ネガティブのことは事実感情少し添えて時々メモしています

感情についてはあまり詳しく書きません

書く時はシャーペンで

なぜシャーペンかというと、若干ペンに比べ色が薄く、がっつり目に入ってこない&ネガティブなことのメモだなとわかりやすいからです

全然ペンでもいいのですが、気持ち優しく感じます 笑

消すこともできますし(消したことは一度もないです^^)、気が楽です

→ 少し落ち着いて俯瞰できるようになっている状態(受止めることができている状態)②

 

 

 

ステップとして①→②

②は書き留めておきたい時のみです

②に進めた時は、乗り越えたんだなという感覚もあります

 

 

 

書いてよかったと思ったこと

 

ノートにネガティブなことを書かないより、書いていてよかったと思ったことのほうが多くあったからです

 

書いている時はスッキリするし、( ← 出すから、整理できるから)

ノートを見返した時、気持ちが揺らがない自分に気づける

私の中で消化できたんだなと実感できる

多少揺れても大→小になっていることに気づく

あの時こんなのことがあって、こんな風に捉えていたんだなぁ

今との違いや変わらぬ価値観などを知れ、

成長を感じます

 

 

 

過去の私が勇気づけ、助けてくれることがあります

 

 

 

ほとんどノートを見返すことはないですが、このように過去の自分が教えてくれた経験が何度もあります

 

 

 

 

まとめ

 

書く(出す)」ことはとても大切なこと

 

 

書いたものを残しておきたければ残しておく、残したくなければ残さなくていい

残すか残さなないかは自分次第

 

 

今は捨てれないけど、捨てたくなったらその時捨てたらいい

 

 

臨機応変でいい

 

 

それだけのことであり、きっちり決めなければいけないことでもない

 

 

 

そして、ネガティブって悪いことだけではない

何かしらを学ばせてくれるもの

そして、誰にでもカタチ違えど必ずあるもの

 

 

 

ネガティブだけを書かず、

なかったものにしたら

成長の証も無くなってしまう

もったいないし、

綺麗事だけの上っ面の内容だった気がし、違和感を感じたと思います

 

 

 

ネガティブもポジティブも含めて全部私

 

 

 

怖がらなくてもいい

 

 

 

 

 

 

 

今日という日が皆さまにとって

笑顔あふれる一日でありますように(^-^)✨